記事一覧

多汗症にもいろいろあるのをご存じですか?

多汗症とは文字どおり、多量の汗をかくことです。汗っかきと多汗症とは混同されがちですが、実は似て非なるもの。しかし、これを区別するのは、専門医でないと少々やっかいかもしれません。汗をかくというのは、暑い時や運動、食事などによって上昇する体温を調節するための生理的現象です。汗っかきの人は、これらの変化に敏感に反応し、ちょっとしたことで人一倍の汗をかいてしまうということであって、あくまでも生理的現象の一部なのです。ところが、体温調節の必要がない時に大量の汗をかいてしまうのが「多汗症」で、全身に汗をかく「全身性多汗症」と、特定の部分にだけ汗をかく「局所性多汗症」があります。

●全身性多汗症
「全身性多汗症」とは、文字通り、胸部、腹部、背中、でん部、大腿部などにわたって全身から大量の発汗を発生させてしまう症状のことです。これは主に、脳の視床下部の体温調節中枢の異常や急性リウマチ、バセドー氏病、結核、婦人病、更年期障害といった他の病気が原因で、ホルモンバランスの著しい乱れを引き起こしている場合が多くみられます。生まれつきの体質(精神性発汗になりやすい性格の遺伝)の場合もあります。これらの合併症のような状態で、大量の汗を発生させている可能性もあるので、急に大量の汗がでるようになった場合は、専門の医師の診察を受けることをおすすめします。

●局所性多汗症
多汗症で圧倒的に多いのが「局所性多汗症」です。ワキの下や手の平、足の裏、頭部など局所にじっとりとした汗をかくというもので、主に精神的なストレスなどによって、自律神経のバランスが崩れるために起こる精神性発汗が多いようです。「冷や汗をかく」「手に汗を握る」という言葉があるように、汗は精神的な緊張でも分泌されます。元来、神経質な性格の人はもちろん、ワキガ体質の人であれば、ニオイを気にするあまり神経質になり過ぎて、この「局所性多汗症」を引き起こしている場合もよくあります。