記事一覧

「ワキガ・多汗症」超音波治療法とは

超音波治療法とは、皮下組織全体に超音波を当て、特別な周波数で汗腺類のみを破壊する治療方法です。皮膚に数ミリの小さな穴を開け、そこから超音波発生器を差し込むだけなので、傷跡はほとんど目立ちません。神経や血管などの大切な組織を傷つけることもありませんから、後遺症の心配や体へのストレスが極めて少ないのも大きな特長です。弾力性のない固い汗腺類と、弾力性を持つ血管と神経で脇の下の皮下組織はできています。

そこで、超音波の振動エネルギーをまともに受ける固い汗腺類は破壊され、振動エネルギーをかわす弾力性を持つ血管や神経組織は破損されないという差異を利用して治療します。しかも、施術時間はわずか30分ですから、術後の回復も極めて早く、基本的には入院や通院の必要がありません。超音波治療法以前の手術法では、手軽さと治療効果の間には「あちら立てればこちらは立たず」といった歯がゆさがありましたが、これは、手軽さも高い治療効果も共に満足できる画期的な方法なのです。その主な特長をもう一度おさらいしておきましょう。

●痛くない
●傷跡の心配がない
●血管や神経を傷つけず、後遺症の心配がない
●たった30分で施術完了
●術後の回復が早い
●基本的に入院・通院が不要
●ワキ毛を残す選択も可能
●治療効果が高く、再発の不安がない