記事一覧

「超音波治療」の優れた点①

「超音波治療」の最も優れた点は、皮膚を大きく切開することがないので、患者さんへの肉体的なダメージが非常に少ないというところにあります。わずか数ミリの切開で済むので、強い麻酔も必要とせず、体に優しい「カリフォルニア式麻酔」などを用いて、痛みを最小限に抑えることができます。また、どうしても麻酔注射に不安があるという方は、さらなる処置をした上で、治療を受けることもできます。誰でも「痛い」のは嫌なもの。医療の最大の目的は痛みの除去であると言っても過言ではないでしょう。しかし、その心配が無いとなれば、手術への不安もかなり軽減されるのではないでしょうか。

従来の手術法であった切除法や勢除法では、ワキを切開するために、大きな傷跡が残ってしまうのが最大の欠点でした。この傷跡は時間とともに、目立たなくなってきますが、それでも全く気にならないレベルまではなかなか望めませんでした。それを可能にしたのが超音波治療です。「超音波治療」の場合、皮膚の切開はほんの数ミリですから、縫合も抜糸の必要のない糸を使い、せいぜい1針程度で済んでしまいます。

これも術後時間が経つにつれ薄れていきますから、やがては、よほど目をこらさないとわからないほど目立たなくなります。例えば、リゾートホテルのプールサイドで、お気に入りの水着姿でロングチェアに横たゎるあなたをイメージしてください。仰向けになって両手を頭の下で組むようなワキを露出したポーズでも、傷の存在に気づく人はまずいないでしょう。あなたがモデルさんやタレントさんのお仕事をしていて、この姿勢で撮影に臨んだとしても、修正の必要などないはずです。

もちろん、数ミリとはいえ皮膚を切開するわけですから、傷跡が「全く残らない」というわけにはいきませんが、それは本当にかすかなものです。いわゆる「手術跡」といわれるものとは全く違いますので安心してください。せっかくワキ汗やワキ臭を解消しても、その代償にノースリーブや水着が着られなくなるのでは、心から悩みを解消できたとは言えませんね。その意味でも、超音波治療法のもたらした恵みは大きなものだと思っています。