記事一覧

自分でできるウキ汗・ウキ臭対策はあるのでしょうか?

「一人で悩んでいないで、気軽に専門医のカウンセリングを」と繰り返し述べてきましたが、みなさんけっして何もせずにただ悩んでいたわけではないと思います。さまざまな手段を試みては、少しでもニオイを軽減できないかと頑張ってこられたはずです。「これは効果的かも」と思われることもあれば「気休めだったかな…」というものもあり、一進一退を繰り返しているからこそ、さらに悩みがふくらんでしまうのですね。それでは実際に、ワキ汗やワキ臭に悩む方々が試されているセルフケアや、医療機関以外の施設での治療法がどの程度効果的なのでしょうか。

●こまめに拭いて、清潔を保つ
ほとんどの方がまず最初に試みる対策だと思います。実行している万が一番多いポピュラーな方法であるでしょう。「清潔を保つ」という基本ケアは、もちろんある程度の効果が期待できます。ワキガ臭の原因は、アポクリン汗腺から分泌された汗が細菌と結びついて発する腐敗臭であるというお話をしました。それならば、かいた汗をそのままにしないようにすれば、ニオイはかなり軽減するはずです。汗をかいたらこまめに拭き取り、できるだけ清潔な状態をキープすること。

これは基本中の基本とも言えますが、より効果を持続させるためには、同時に殺菌剤で消毒を行うと良いでしょう。これを一日数回、定期的に繰り返せば、ワキガ臭はかなり軽減できます。殺菌剤というと何だか強力な薬剤のように思われる方もあるかもしれませんが、昔からよく使われてきたのがホウ酸です。最近ではより手軽な消毒用軟膏なども市販されており、これも有効です。軽度のワキガ臭なら、これでかなりの軽減が期待できます。

しかし、このケア方法にも限界があります。難点は、とにかく手間がかかること。両ワキをきれいに拭いて、殺菌剤で消毒をするのは、「いつでもどこでも」というわけにもいきません。これを1日に何回も繰り返さなければならないのはかなり面倒なことです。何より注意が必要なのは、殺菌剤を長期間使用し続けると、皮膚に炎症を起こす可能性がある点です。旅行先やちょっとしたパーティの間だけといった、短期間に行うのであれば、殺菌剤はとても有効な方法と言えますが、長期間の使用はあまりおすすめできません。