記事一覧

最適なウキ汗・ウキ臭対策は?①

●香水などでニオイを抑える
香水やオーデコロンなど他の香りをつけて、ニオイを抑える”マスキング”方法を続けている方もいらっしゃると思います。心安らぐフローラルの香りなどをつければ、ワキ臭も少しは和らぎ、気分転換にもなりますね。軽度なワキガ体質の方なら、ある程度の効果が期待できるでしょう。けれども、強いワキガ臭を紛らわすには、相当に香りの強いものを使用しなければなりません。すると、どんなことが起きるでしょうか? 香水の香りとワキガ臭という個性の強いニオイが混じって、強い刺激臭になってしまうことがあるのです。

人によっては、ワキガ以上の悪臭に感じることもあり、これでは香りの演出も逆効果です。最近は、アロマテラピーなどを勉強して、自分で香りを調合する方もいらっしやいます。殺菌効果もあるティートゥリーなど、エッセンスオイルにはさまざまな効果があるようですが、肌につけるとなると希釈や調合の仕方など、専門的な勉強が必要であり、場合によってはやはり炎症を起こす可能性もあることを知っておいてください。

●デオドラント製品を使いこなす
デオドラント製品と呼ばれるものはどうでしょうか? 近年の清潔志向、消臭志向を反映してか、今や携帯電話と同じく、中高生でも日常的に携行しているとも言われ、その数は200種類近くもあるとか。これらのデオドラント製品は大きく三種類に分類できます。汗を抑える「制汗剤」、ニオイを消す「消臭剤」、そしてニオイの原因となる雑菌を消す「殺菌剤」です。