記事一覧

最適なウキ汗・ウキ臭対策は?②

(制汗剤)
制汗剤とは皮膚の毛細血管を収縮させることで、発汗を抑える効果を狙った、いわゆる「汗止め」です。こうした汗止めには、古くはミョウバンがよく使われていました。どちらもニオイのもとにむる汗を抑えるわけですから、ある程度はニオイを減少させる効果はあります。しかし、残念ながらその効果はよく持って半日から一日程度です。毎日、定期的に使う必要があり、かなりの手間が掛かるといえます。

(消臭剤)
消臭剤はトイレや室内のニオイ消しと同じ原理で、イヤなニオイを中和するものと、他の香りで覆い隠すタイプがあります。これには、ローション、クリーム、スプレー、パウダーなど、さまざまなタイプがあります。特に効果が期待できそうなのは、ローションやクリームの肌に直接塗り込むタイプものです。この場合も、ワキガ臭が強ければ、香水と同様にワキガ臭と混じり合って逆効果になってしまう可能性があるので要注意です。

(殺菌剤)
殺菌剤は、過酸化亜鉛や硫酸オキシキノリン、ヘキサシミンなどの薬剤を配合したものが多く、ニオイの元凶となる皮膚の細菌をやっつけるものです。これらもそれなりの効果は期待できますが、日常的に長期間使用するには、皮膚への影響が心配です。これらのデオドラント製品は、気軽に使えることが最大のメリットです。普通の汗っかきさん、つまりエクリン汗やそのニオイを抑えるには効果が望めますが、強いワキガ臭を完全にカバーすることは不可能です。また、これらの製品は使用前に皮膚を清潔にしなければならず、しかも汗をかくと消臭効果が衰えてしまいます。一定の短期間に使用するには有効ですが、やはり毎日使うとなると、それなりの手間と出費、さらには皮膚へのダメージも考えておく必要がありそうです。